人気ブログランキング |
30.農業生産法人 株式会社塚原ファーム設立

30.農業生産法人 株式会社塚原ファーム設立      _b0166530_19174694.jpg
 感染症による入院の間、社長の昇は様々な事を考えていました。

このまま自分にもしものことがあった場合、梅山豚はどうなるんだろう?

働くスタッフの雇用は守れるのか?

人間ですから永遠の命というのはありません。

既に50歳となり、昇は残りの人生を考え、退院したらやることを考えながら入院生活を送っていました。

 その一つは、これまでどうしてもできなかった農業生産法人を設立し移行することでした。

実は梅山豚の生産は1989年の直輸入以来、昇の父が個人として行う養豚業のままでした。

当時父は76歳、既に畜産の現場からは引退していました。

養豚業としては規模が小さいとはいえ、梅山豚とその子豚、畜舎、付帯設備を合わせると大金になるため、農業生産法人を設立して移行するには応援してくれる銀行が現れないとできませんでした。

 退院の日から銀行数行と交渉を行い、20163月遂にその日は来ました。

応援してくれる銀行が現れたのです。

こうして農業生産法人株式会社塚原ファームは梅山豚と畜舎とその付帯設備を父から譲受け誕生したのです。

 これにより働くスタッフの雇用を守り、梅山豚を遺していく基盤ができました。

生産を塚原ファームが行い、販売を塚原牧場が担う体制です。

父や昇にもしものことがあっても会社として事業を継続できるよう、そんな思いから長年夢に描いてきたことでした。

 美味しくて安全な梅山豚を生産し多くの人を幸せにし続けて行きたい。

社長として昇の信念が結実した瞬間でもありました。

これで農業生産法人は設立できたわけですが、そこに魂を入れるのはこれから。

一歩一歩たゆまぬ努力を続けながらファンを増やしていく、そんな決心を改めてしたのです。

 農業生産法人株式会社塚原ファームは梅山豚を中心に、その飼料作物の栽培にも取り組んで行きます。

トウモロコシ、米、大麦、小麦、大豆など梅山豚に欠かせない飼料作物を自給し、そこに梅山豚の堆肥を利用する、この究極な循環農業を目指して進むことになります。


# by meishanton | 2020-10-02 19:18
29.社長の昇が緊急入院

それは突然の出来事でした。

20151215日、昇は毎週火曜日の梅山豚出荷を終え、スタッフと昼食をとっていました。

その日は友人から贈られた大好物の牡蠣を蒸して食べる楽しい昼食でした。

食べ終えた直後、昇は猛烈な寒気に襲われ立っていられなくなりました。

熱は40℃を超え激しい背中の痛みで歩けないほどでした。

スタッフが近くの総合病院に運び救急外来で検査をし、即入院となりました。

病名は「連鎖球菌による感染性脊髄炎」、血液検査では命の危険もあるほど細菌感染を

示す数値が上がっていました。

発病前の1週間、昇は多忙を極めていました。

関東東北豪雨で被害に遭ったトウモロコシをたった一人で刈り払いし処分しました。

その後に大阪出張、一旦茨城に戻ってから、今度は東京から北海道に出張して

戻った直後でした。

疲労から知らず知らずのうちに免疫力が下がっていたのでしょう。

24時間抗生物質の点滴に繋がれ、寝返りも打てないほどの背中の激痛と闘いながらの36日間、

クリスマスも年越し蕎麦もお節料理も病院でいただく事になるとは・・・

そして、昇のいない牧場は不安な日々を過ごしていました。

それは、梅山豚の出荷選定を必ず昇が行っていたからです。

実は牧場で育てられた豚が全て梅山豚として出荷されるわけではありません。

肺炎を患って痩せてしまったり、脚を骨折していて左右が対称になっていなかったり、

ばい菌が入って化膿してしまった部分があったり等々、

梅山豚として出荷できない豚も若干あります。

梅山豚の品質を見極める事はまだ昇にしかできず、

選定を誤るとお得意様からのクレームにもつながりかねません。

その不安は的中しました。

退院後、自宅療養していた昇はお取引先のシェフから直接電話を受けました。

「最近梅山豚肉がバラバラですよ。特に今週の肉は良くなかった。」

その直後3カ月ぶりに牧場に入った昇は実際の梅山豚を見て目を疑います。

梅山豚としてはふさわしくないものが数多く残っていたのです。

そこから出荷選定をやり直し、元の状態に戻す作業が続きました。

品質の良い梅山豚を届け続けることの難しさを昇もスタッフも感じた3ヵ月でした。


# by meishanton | 2020-08-27 08:43 | 梅山豚のあしあと
28.関東東北豪雨の被害 その2

関東東北豪雨は初めて栽培した飼料用トウモロコシを全滅させましたが、

実はそれ以外にさらに大きな被害がありました。

 

豪雨の99日は梅山豚の屠畜日でした。

その夜、鬼怒川沿いの契約屠畜場の冷蔵庫には既に屠畜された梅山豚が

お肉になって保管されていました。

翌日一報が入り、事の重大さに声も出ませんでした。

鬼怒川が越水し屠畜場の冷蔵庫まで泥水が浸入、

梅山豚の枝肉が全て浸かってしまったのです。

合計16頭、およそ1,000kgの梅山豚肉は廃棄処せざるを得ない事態になっていました。


そこからが大変でした。

梅山豚は予約注文をいただいてから屠畜しています。

ということは、予約をいただいている分は全て納品できないという事。

スタッフがお取引先の百貨店やレストランに順に電話で事情を説明し謝罪しました。

幸い皆さん状況を理解いただき、逆に心配をいただくほどでした。

この時ばかりはお取引先の心遣いに胸が熱くなりました。


しかし、泥の浸かった屠畜場がいつ復旧するのか?すぐには目途が立ちませんでした。

すぐにでも再予約の注文を取りたいけど屠畜できないことには・・・・。

やきもきしているところに近隣の別の屠畜場で代替していただけるという話が決まり、

翌週にはキャンセルさせていただいた分も含めて屠畜ができ、

無事に梅山豚肉を納品する事ができました。


トウモロコシと梅山豚肉のダブルパンチに見舞われた豪雨災害、

損害はとても大きかったけれど、改めてお取引先との絆が深まった瞬間ともなりました。

「他では代替できないものだから」という言葉にどれほど励まされたことでしょう。

た、皆様からも温かい励ましを多数いただきました。

こんなにもファンに支えられているのだという事を感じた昇は、

もっと美味しい梅山豚で皆さんにお返ししようと決心するのでした。


# by meishanton | 2020-06-05 17:23
27.関東東北豪雨の被害 その1

201599日、北海道出張を翌日に控えた社長の昇は激しく降る雨に何か悪い予感を感じていました。

不安は的中し、夜中の報道番組ではここ境町からの生中継が映し出され、線状降水帯によるたたきつけるような激しい雨に言葉を

失うほどでした。

死者1名、床上浸水240棟、床下浸水253棟、いつもは穏やかに近所を流れる小さな宮戸川が氾濫し広範囲に農地が水没、ここ境町は

常総市と並び激甚災害に指定されるほどでした。


この年は私達が初めて梅山豚のために自ら飼料用トウモロコシを栽培した記念の年でした。

私達は梅山豚を飼育していますが農作物の栽培は初めてで、試行錯誤を続けながら何とか収穫までこぎつけるところでした。


堆肥を散布し、除草を行い、鳥除けを張り巡らし・・・・

真夏の太陽を浴びて3メートルほどに伸びてしっかり実が入ったトウモロコシを見ると充実感が漂いました。

雨の多い日本でもトウモロコシを生産できるという手応えを掴みかけていました。


実は飼料用のトウモロコシ(子実トウモロコシ)は栽培している農家が少なく、関東東北豪雨がなければ、4日後の913日に100人が参加する収穫シンポジウムを開催する予定でした。
しかし残念ながらトウモロコシは3メートルの穂先が微かに見えるまで水没し全滅、収穫シンポジウムは中止せざるを得ない状況となりました。

結果的に初めてのトウモロコシは収量ゼロという試練の結末を迎えました。

しかしこんなことでくじけてはいられません。

社長の昇は自ら作るトウモロコシを梅山豚に食べさせることが、畜産の未来を拓くと考えるようになっていました。

96%の飼料を海外からの輸入に依存している日本の養豚が、自給トウモロコシ飼料で切り拓く新たな時代を夢見ていたのです。


しかしこの時、別のもっと大きな試練も同時に起きているのをまだ誰も知りませんでした。

(次回につづく)




# by meishanton | 2020-04-08 14:02
27.関東東北豪雨の被害 その1

201599日、北海道出張を翌日に控えた社長の昇は激しく降る雨に何か悪い予感を感じていました。

不安は的中し、夜中の報道番組ではここ境町からの生中継が映し出され、線状降水帯によるたたきつけるような激しい雨に言葉を

失うほどでした。

死者1名、床上浸水240棟、床下浸水253棟、いつもは穏やかに近所を流れる小さな宮戸川が氾濫し広範囲に農地が水没、ここ境町は

常総市と並び激甚災害に指定されるほどでした。


この年は私達が初めて梅山豚のために自ら飼料用トウモロコシを栽培した記念の年でした。

私達は梅山豚を飼育していますが農作物の栽培は初めてで、試行錯誤を続けながら何とか収穫までこぎつけるところでした。


堆肥を散布し、除草を行い、鳥除けを張り巡らし・・・・

真夏の太陽を浴びて3メートルほどに伸びてしっかり実が入ったトウモロコシを見ると充実感が漂いました。

雨の多い日本でもトウモロコシを生産できるという手応えを掴みかけていました。


実は飼料用のトウモロコシ(子実トウモロコシ)は栽培している農家が少なく、関東東北豪雨がなければ、4日後の913日に100人が参加する収穫シンポジウムを開催する予定でした。
しかし残念ながらトウモロコシは3メートルの穂先が微かに見えるまで水没し全滅、収穫シンポジウムは中止せざるを得ない状況となりました。

結果的に初めてのトウモロコシは収量ゼロという試練の結末を迎えました。

しかしこんなことでくじけてはいられません。

社長の昇は自ら作るトウモロコシを梅山豚に食べさせることが、畜産の未来を拓くと考えるようになっていました。

96%の飼料を海外からの輸入に依存している日本の養豚が、自給トウモロコシ飼料で切り拓く新たな時代を夢見ていたのです。


しかしこの時、別のもっと大きな試練も同時に起きているのをまだ誰も知りませんでした。

(次回につづく)




# by meishanton | 2020-04-08 14:02

梅山豚の最新情報をお届けします。
by meishanton
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
1