カテゴリ:未分類( 5 )
梅山豚の直営店を作っています

梅山豚はどこで買えるのというお問い合わせをよく頂きます。

お問い合わせを頂いても、梅山豚を買うことが出来るのは殆どが東京都内の百貨店か地元境町の道の駅。

中には牧場に行けばお店があってお肉を買う事ができるのかしら?と思われる方も多く、遠方から車で何時間もかけていらっしゃっていただく事も。

そんな時に私達の店で梅山豚を良く知るスタッフと会話をしながら梅山豚を買える所があればもっとたくさんの方に喜んでいただく事が出来るのに

と長年の夢だった梅山豚の直営店。

物件探しから始まり現在工事中です。お店の名前もこれからです。

ずっとずっと願っていた直営店、ようやく夢が実現しそうです。


by meishanton | 2019-02-15 16:31
豚肉から見るアメリカ対中国

 トランプ大統領の就任以来、世界情勢は不確実性をさらに増して来たと感じます。

北朝鮮、メキシコ、イランとの緊張関係は続き、最近では中国との貿易戦争が激しさを増しています。アメリカと中国の覇権争いと言われるこの貿易戦争は主にハイテク分野ですが、実は農産物でも熾烈な駆け引きが繰り広げられています。

2015年世界の豚肉の生産頭数は年間12億頭、その中で7億頭を生産するのが中国です。

しかし、2015年を境に自国での生産では追い付かず、約280万トン(=4000万頭)の豚肉を輸入しました。

もちろん約130万トンの豚肉を輸入する日本を抜いて世界最大の豚肉輸入国となっています。

その象徴が2013年にアメリカ最大の豚肉工場であるスミスフィールド社を中国企業が4750億円もの金額で買収したことです。

これにより現在では大量のアメリカ産豚肉が中国へ輸出されることになりました。

さらに、豚肉の生産に欠かせないものがトウモロコシと大豆です。

特に大豆は世界最大の輸入国になったのが中国で、2016年には8000万トン以上を輸入し、その約40%をアメリカから輸入しています。

大豆はサラダ油を搾油した後の「大豆粕」が豚の飼料には必須となっています。

以上の豚肉とそれを生産するための大豆が米中貿易戦争による関税引き上げにより滞り始めたのです。

中国人にとって豚肉は最も重要な食料です。

近年の経済発展により豚肉消費の増加に生産が追い付かず、輸入を増やして切り抜けてきました。

そんな中、密かに進む中国の豚肉不足、それは中国のインフレへとつながって行くような予感です。

食は全ての基礎です。

この豚肉危機が中国の政治不安に発展しないか?ハイテクばかりではないアメリカ対中国の覇権争いに、日本でも目が離せません。


by meishanton | 2019-02-01 19:27
あおぞら市

b0166530_17573041.jpg
昨年の3月に大好評で終わる事のできた第1回あおぞら市。

地域の皆さんから「次はいつやるの」と言う声をたくさん頂き、第2回あおぞら市を開催しました。

開催したのは年の瀬の12月22日。

年末で忙しいのでは?

三連休の初日ではお客様が来てくれないのでは?

クリスマスには豚肉は食べないのでは?

など打ち合わせを重ね、それでも地域の皆さんに喜んでもらいたいという思いから開催を決定しました。

また前回準備した2頭分のお肉は開始から30分で完売してしまった事から今回は倍の4頭分を準備しました。

対応するスタッフの数も増やし準備万端で挑みました。

寒空の中、開始時間よりも早く長い列を作ってお待ちいただくお客様に感謝の気持ちを込めてスタッフ一同販売させていただきました。

不定期で販売するあおぞら市ですが地域貢献として定着していく事を願っています。


by meishanton | 2019-01-18 17:57
国産飼料への挑戦

豚の餌はそのほとんどが外国産です。

トウモロコシと大豆粕を中心に95%以上輸入穀物からできています。

国産豚肉と言っても、食料自給率にカウントされないのもこれら飼料原料が外国産だからです。

 輸入穀物は収穫時期が古いものが多いのですが、それは農家が収穫したトウモロコシを巨大なサイロで(長期)貯蔵し、トウモロコシ相場の高い時期に放出(販売)するのが一般だからです。

1年から2年という長期間の貯蔵には「虫」や「カビ」の問題がつきもので、そのため防虫剤や防カビ剤が使われています。

これがいわゆる「ポストハーベスト」で、豚や牛や鶏を通じて人体に影響しているのではと懸念されています。

 梅山豚は当初から「地球を救う豚」として、このポストハーベスト問題に取り組んで来ました。

当初は「麦茶の絞り粕」や「おから」や「パスタ」などの食品を餌にしてきましたが、8年前に茨城県内の農家と「飼料米」に取り組み始めたことをきっかけに、「大麦(栃木県産)」「小麦(埼玉県産)」「ふすま(国産)」「脱脂糠(国産)」と次々に国産飼料原料を餌にすることに成功しました。

さらに自らトウモロコシの生産にもチャレンジして、この度ついに国産飼料比率50%を達成しました。

 国産豚肉としては初めての国産飼料比率50%は安全な飼料であることは言うまでもありませんが、新鮮で美味しい飼料でもあります。
今年収穫した新鮮で美味しい穀物をその年に与えていく、梅山豚導入当時から目標にしていたことがいよいよ現実となって来ました。

by meishanton | 2018-11-01 18:53
トウモロコシの刈り取りをしました

トウモロコシの取り組みを始めて4年目。

刈り取りが行われたのは台風が過ぎ去った96日。

飼料用のトウモロコシは実をカラカラに乾燥させてから刈り取ります。

今年の夏の暑さで実がきちんとできているか、台風の後だったので倒れたり水分量が上がっていないかなど心配されましたが、今年も無事に刈り取ることができました。

刈り取った直後にトウモロコシの実の水分量を計ったところ18パーセントでした。

刈り取りに立ち会って下さった方からおぉ~という歓声が上がるほどでした。

トウモロコシ畑の周りが水田で水量の調節が出来た事と風通しが良かった事などが重なり今年のトウモロコシは過去最高の出来になったそうです。


b0166530_18274130.jpg


by meishanton | 2018-10-16 18:28
1