人気ブログランキング |
豚コレラを考える

【ざわつく養豚家】
 昨年9月に岐阜県の農場で26年ぶりに感染が確認された豚コレラは、14県に広まり未だ収束できていません。

既に殺処分された豚の数は4万頭を超え、養豚家にとっては気が気でない時間が過ぎています。

DANを探る】
 昔豚コレラを撲滅して清浄国となった日本でなぜ再び豚コレラが発生したのでしょうか。

そのヒントは豚コレラウイルスのDNAにあります。

DNAのタイプを調べてわかった事は、最近アジア各国で発生している豚コレラウイルスのDNAとかなり近いという事です。

恐らく推察するにアジアのどこかから、観光客の手土産(食品)などに紛れて日本に持ち込まれ、それを人間が食べ残し、その残飯をイノシシがあさって最初に感染し、すぐには死なずに動き回るうちにイノシシばかりか豚にまでうつしてしまったのでしょう。
 現に岐阜県や愛知県の野生のイノシシ200頭以上から豚コレラウイルスが確認され、現在もその数は増え続けています。

【国の選択】
 一度撲滅した豚コレラ、昔のようにワクチンを接種して対策すれば、殺処分しなくても感染拡大は防ぐことができます。

しかし、国はなぜやらないのか。

それは、ワクチンを接種するという事は清浄国ではなくなり、輸出もできなくなるからなのです。

つまり国は殺処分により、清浄国を維持し輸出を継続しようと考えています。

【養豚家の望み】
 ご存知の通り豚コレラは人間には感染しません。

それなのに国は、輸出という経済を優先し殺処分を続けているのです。

各地の養豚家からはワクチン接種の要望が国に上がっています。

養豚家は皆殺処分なんてしたくないのです。

皆様からもご心配や温かい励ましの声を多数いただいています。

私達は現在牧場への外部者の出入りを厳しく制限しています。

餌のトラックや工事業者などの徹底した消毒により場内にウイルスを持ち込まないよう対策を強化しています。
 グローバル化する社会の中で、目に見えない様々なウイルスとどう対峙するのか。

空港や港などで荷物のチェックを厳しくし、生産者を護るための体制整備が急がれています。



# by meishanton | 2019-04-03 14:55 | 社長のコラム
梅山豚の直営店がOPENしました


b0166530_10432247.jpg
先月お知らせした梅山豚の直営店。

1月29日に開店することが出来ました。

お店の名前は「つかはら肉店」。

もちろん梅山豚の全商品を買う事ができるお店です。

そしてなんと開発中だったメンチカツもこの「つかはら肉店」で新商品としてデビューする予定です。

まだ開発中なので販売は少し先になりそうですが、「つかはら肉店」では調理販売も行いますので揚げたてのメンチカツを頂く事も出来ます。

もちろんテイクアウト用の準備もしています。

当面の間は平日の3時30分から7時30分までの営業です。

お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。


# by meishanton | 2019-03-15 10:45
平均化する世界

 インターネットの普及は私達の生活を大きく変えています。

検索すればありとあらゆる情報が手に入り手のひらの中で読むことができ、人間では不可能な膨大なデータも覚えることができます。

誰もが人気のレストランを検索して行くことができ、美味しい料理の作り方を調べることができ、きれいな写真を撮ってSNSで公開したりすることもできます。

こんな風に誰でも何でもできる世の中になると私達はどういう行動をとるのでしょう?

例えばレストランでは、Aという店もBという店も人気の同じワインを揃え、人気の熟成肉を焼き、人気のスイーツを売りにするといったように、情報が瞬時に広がるとレストランも同質化して行きます。

そして価格もほぼ同じなんてなると私達はどうやって店を選ぶのでしょう?

それは「人」です。

人と人が唯一の選択手段となって来ると感じています。

あのお店は感じのいいサービスマンがいるから。

あのお店のオーナーは知り合いだから。

あのお店の被災地支援の取り組みに心打たれたから。等々。

そんな風にお店を選択して行くようになるでしょう。

情報が氾濫する世界はますます平均化し、どこでも似たり寄ったりの状況が出始めます。

しかし、最終的に私たちは「人」と「人」という昔から変わらない普遍的な選択をよりするようになって行くように思います。

いくらインターネットが普及し、AIが発達しても結局世の中は人と人なのです。



# by meishanton | 2019-03-05 13:33
梅山豚の直営店を作っています

梅山豚はどこで買えるのというお問い合わせをよく頂きます。

お問い合わせを頂いても、梅山豚を買うことが出来るのは殆どが東京都内の百貨店か地元境町の道の駅。

中には牧場に行けばお店があってお肉を買う事ができるのかしら?と思われる方も多く、遠方から車で何時間もかけていらっしゃっていただく事も。

そんな時に私達の店で梅山豚を良く知るスタッフと会話をしながら梅山豚を買える所があればもっとたくさんの方に喜んでいただく事が出来るのに

と長年の夢だった梅山豚の直営店。

物件探しから始まり現在工事中です。お店の名前もこれからです。

ずっとずっと願っていた直営店、ようやく夢が実現しそうです。


# by meishanton | 2019-02-15 16:31
豚肉から見るアメリカ対中国

 トランプ大統領の就任以来、世界情勢は不確実性をさらに増して来たと感じます。

北朝鮮、メキシコ、イランとの緊張関係は続き、最近では中国との貿易戦争が激しさを増しています。アメリカと中国の覇権争いと言われるこの貿易戦争は主にハイテク分野ですが、実は農産物でも熾烈な駆け引きが繰り広げられています。

2015年世界の豚肉の生産頭数は年間12億頭、その中で7億頭を生産するのが中国です。

しかし、2015年を境に自国での生産では追い付かず、約280万トン(=4000万頭)の豚肉を輸入しました。

もちろん約130万トンの豚肉を輸入する日本を抜いて世界最大の豚肉輸入国となっています。

その象徴が2013年にアメリカ最大の豚肉工場であるスミスフィールド社を中国企業が4750億円もの金額で買収したことです。

これにより現在では大量のアメリカ産豚肉が中国へ輸出されることになりました。

さらに、豚肉の生産に欠かせないものがトウモロコシと大豆です。

特に大豆は世界最大の輸入国になったのが中国で、2016年には8000万トン以上を輸入し、その約40%をアメリカから輸入しています。

大豆はサラダ油を搾油した後の「大豆粕」が豚の飼料には必須となっています。

以上の豚肉とそれを生産するための大豆が米中貿易戦争による関税引き上げにより滞り始めたのです。

中国人にとって豚肉は最も重要な食料です。

近年の経済発展により豚肉消費の増加に生産が追い付かず、輸入を増やして切り抜けてきました。

そんな中、密かに進む中国の豚肉不足、それは中国のインフレへとつながって行くような予感です。

食は全ての基礎です。

この豚肉危機が中国の政治不安に発展しないか?ハイテクばかりではないアメリカ対中国の覇権争いに、日本でも目が離せません。


# by meishanton | 2019-02-01 19:27
1