人気ブログランキング |
35.再び社長が入院

 エイプリールフールの201941日月曜日、社長の昇は朝から激しい背中の痛みに襲われてベッドから立ち上がることができませんでした。

前日の日曜日は終日元気に農場で働いていました。

インフルエンザかもしれないと考え、翌日検査に行こうと安静にしていました。

しかし夜になっても翌朝も激しい痛みと39℃以上の高熱はおさまらず、病院に行きました。

3年前に入院していたこともあり、すぐに血液検査やCT検査をしました。

結果、再び「連鎖球菌による感染性脊髄炎」とわかり緊急入院となりました。

2度目の入院は1度目より症状が重かったため、最初の10日間はベッドから降りる事すらできませんでした。

苦しい入院は36日間を数え、連鎖球菌による炎症も完全に無くなり退院した時には体重は10kgも減っていました。

今回の入院では、農場スタッフのモチベーションが大きく下がりました。

スタッフが少なくなったところで社長が入院し、さらにスタッフへの作業のしわ寄せは増えました。

社長のいない農場の成績は下がり、赤字体質に突入して行きました。

そんな空気を察知し 、昇は大きな業務改革を行おうと病院のベッドで準備をしていました。

退院してから約1ヵ月自宅療養しリハビリをして、その後現場復帰しました。

規模縮小を伴う業務改革を発表すると、スタッフからさらに不満が出て退職者が相次ぎ入院前5名いた農場スタッフは結局1名となってしまいました。

しかし、賛同して残ってくれたスタッフと業務改革にまい進しました。

規模を縮小し、離乳舎を移動して作業に伴う動線を短くし業務効率を向上させました。

その結果成績は徐々に持ち直し、農場は落着きを取り戻しました。

2度も命の危険にさらされながら、後遺症も無く復活できたことは奇跡としか言いようがありません。

何かを成し遂げるために神からもらった命と感じるようになりました。

梅山豚を苦しめ続けている連鎖球菌、大切なスタッフと梅山豚を菌から護るため真剣に菌の撲滅に乗り出しました。

時は「平成」から「令和」に変わる節目の時をベッドの上で過ごした昇、この入院は一生忘れられない事になりそうです。


by meishanton | 2020-12-28 13:40

梅山豚の最新情報をお届けします。
by meishanton
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
1