人気ブログランキング |
新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます

皆様にはお元気に新春をお迎えの事とお慶び申し上げます。

2019年は様々な事業継続すら危ぶまれる出来事に翻弄されながらも事態は好転し、毎日梅山豚に向き合い、ご注文のあった方々に梅山豚肉をお届けすることができました。もしかしたら奇跡的な事なのではと感じるくらい忘れられない1年になりました。

4月代表の私が感染症で生死の境を彷徨い36日間入院しました。令和の幕開けを病院のベッドで迎えるスタートになりましたが、回復も早く今では病気が嘘のように働くことができています。

また農場スタッフに相次いで退職者が出たことから、退院後農場改革を次々断行し、タイからの技能実習生も初めて迎え入れました。31歳の女性実習生のワンちゃんは頑張り屋で、日本の寒さにも負けずあっという間に農場の戦力になりました。

そんな中、国内では豚コレラが猛威をふるい遂に隣の埼玉県にまで近づきました。いよいよ国もワクチン接種を認可し被害の拡大は収まりそうな気配となっています。

10月には大型台風19号により近くを流れる利根川が氾濫危険水位を超え、地元に避難指示まで出ました。危機一髪のところで利根川の氾濫は免れましたが生きた心地のしない夜を過ごしました。

そもそも梅山豚は私たちが直輸入する前に日中友好の贈り物として中国政府から日本政府に贈られました。今でもその子孫は農林水産省の牧場に残っています。これまで様々な養豚家が農林水産省より梅山豚の払い下げを受け飼育を試みました。しかし、多産な梅山豚からは未熟児がたくさん生まれ、生存競争の激しさで事故も多く、すべての養豚家が飼育を断念しました。また、何とか飼育できた梅山豚も市場では脂が多いとか肉付きが悪いという理由で「規格外」として取引され、コストがかかるが実入りが少ない豚となっていました。そんな中、私たちが唯一梅山豚の生産を継続することができたのは、梅山豚倶楽部会員の皆様や料理人さんなど多くのファンが梅山豚を支えてくださったからです。

これからも梅山豚を中心として国産飼料の生産や、地元貢献などに活動領域を広げ、未来の農業を担う人材を積極的に採用し、さらに美味しい梅山豚をお届けできるようスタッフ一同努力していきます。

梅山豚を通じて『食』と『農』と『環境』という分野の新しい時代に挑戦し続けていく私たちを2020年もどうぞよろしくお願いします。

                 2020年1月 株式会社 塚原牧場 代表取締役 塚原昇

     

 


by meishanton | 2020-01-09 14:22 | 社長のコラム

梅山豚の最新情報をお届けします。
by meishanton
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
1