アグリツーリズム

アグリツーリズムってご存知ですか?

アグリ=農業と、ツーリズム=旅行を掛けた造語ですが、最近よく耳にします。

「田植えツアー」や「稲刈りツアー」に始まり、今では搾乳体験、ワインのブドウ収穫まで様々なアグリツーリズムが日本全国で盛んに行われています。

時代は「モノ」の消費から「コト」の消費に移っているとも言われ、外国人観光客向けの企画や、ふるさと納税を活用した企画まで単なる旅行(ツアー)に限らず人気となっています。

さらに政府もアグリツーリズムを後押しする規制改革を進めています。

旅行業法の簡易宿泊営業の許可も、客室面積要件の緩和や、誘導灯などの設置の免除など取得のハードルも下がっています。

さらには民泊に関する法案も議論が進み、簡易宿泊業の許可を取得しなくても都道府県への登録で自宅にて宿泊業を営むことができるようになります。

しかし、アグリツーリズムがさらに盛んになるためには地域全体で取り組むことが重要になります。

農業体験場所や宿泊場所のみではなく、周辺の観光地や地域のグルメにも魅力が無いと競争力が高くはなりません。

梅山豚にも様々な可能性があると思っています。

生ハムの仕込みや、様々な肉加工品づくりをしていただける施設を整備して多くの来客を受け入れる。

実際に自ら仕込んだ加工品でお料理を作って皆でいただく。

そして、周辺の利根川や筑波山、霞ケ浦などの自然豊かなこの地を堪能して帰っていただく。

そんな思い出深い時間を共有できることは私達の夢でもあります。多くのファンに囲まれる幸せに向かってこれからも進んで行きます。


[PR]
by meishanton | 2018-06-01 15:38 | 社長のコラム
1