人気ブログランキング | 話題のタグを見る
牧場で働くということ
牧場で働くって、スケールが大きく汗臭い現場労働的なイメージがあると思います。
大きな重機に乗って作業し、大型トラックに載せて豚を運び、大きな餌タンクが建っていて餌を貯蔵する姿をイメージされる方も少なくないはず。

しかし実際には、そんなイメージは覆されてきています。

大型の難しい重機は塚原牧場にはありません。
小型で小回りのきく簡単な重機が動き回り、掃除を行っています。
餌も小さなタンクが複数建っていて、その中にはなるべく少ない量が貯蔵されていて、新鮮な作りたてが自動のコンベアで餌箱に運ばれていきます。

トラックの運転も入社してから先輩に指導され、先ずは軽トラックから運転を覚えて行きます。
そんなわけで、入社のハードルは低く、男性でも女性でも働ける職場となっています。
実際に牧場の現場には、20代から30代の男性4名、女性2名が働いています。

作業が簡単で熟練が必要なくなった代わりに、豚に向き合う時間が増えました。
人工授精や分娩管理、ワクチン接種、殺菌・消毒など、きめ細かく豚の健康ためのプログラムを進める事ができています。

10年以上前は、動物好きというより重機や運転などの作業が好きで筋肉質なスタッフが多かった気がします。
現在のスタッフは動物好き、豚好きばかりです。
そして彼ら彼女らは、パソコン作業には強い現代っ子でもあり、様々なデータを使って牧場の現状を解析します。
そして将来も予測します。

そんな姿を見ていると、牧場で働くという事も時代とともに変わってきたのを感じます。
スマートで優しい若者達が涼しげに牧場を切り盛りする姿は新鮮で、命に向き合う重々しさを和らげてくれています。
by meishanton | 2016-07-01 17:58 | 社長のコラム

梅山豚の最新情報をお届けします。
by meishanton
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
1