人気ブログランキング |
里山のお話し Part2
岡山県真庭市は、北に蒜山高原を擁し、西の軽井沢とも呼ばれているそうです。
冷涼な気候から夏季は避暑客、冬はスキー客で賑わっています。
その地形や気候を活かしてジャージー牛による酪農が行われ、実に日本全国の4分の1のジャージー牛が蒜山高原で飼育されており、ジャージー牛乳を使ったお菓子類が「お土産」用として多数開発されています。
ソフトクリーム、クッキー、ヨーグルト、チーズ、ロールケーキ等々。
これまで蒜山高原というブランドイメージは、ジャージー牛乳が実質代表していました。

しかし東日本大震災以降、そのイメージが変化しています。
それは水がきれいで、地震の少ない安全な土地に惹かれ様々な若手農業者や食品事業者が県外から集まっているからです。
千葉から移住した天然酵母のパン屋「タルマーリー」(注1)、同じく千葉から移住した有機農家「蒜山耕藝」(注2)、徳島から移住して山羊と羊を林間放牧し、搾乳して、自らチーズを作りカフェを営む「イル・リコッターロ」(注3)等々個性派ぞろい。
こうした人々がインターネットを使って発信し脚光をあびることにより、移住希望者はその後も増えていき、真庭市は東京などで移住説明会なども開いているようです。

震災により私達は多くの事を考えさせられました。
現在も原発エネルギーに頼らず人々の暮らしは営まれています。
都会では味わえない幸せが里山にはあります。
人生を豊かに生きるとは?
多くの人々が考えて行動を起こし始めています。

注1:http://talmary.com/
注2:http://hiruzenkougei.com/
注3:http://ricottaro.exblog.jp/
by meishanton | 2014-12-19 18:56 | 社長のコラム
1