人気ブログランキング | 話題のタグを見る
シラコバト
シラコバトという鳩をご存じですか?

国の天然記念物、埼玉県の県鳥、埼玉県越谷市の市鳥にもなっている白い鳩です。

さらには埼玉県のマスコット「コバトン」のモデルでもあり、誰もが知っている童謡「鳩ぽっぽ」の鳴き声もシラコバトの鳴き声をモチーフにして作られたそうです。

そもそもは紀州藩の鷹場が埼玉県見沼付近にあり、鷹狩りの獲物として徳川吉宗がシラコバトを放ってからその辺りに増えたらしいです。

餌を採るのが苦手なシラコバトは牧場によく現れ、落ちている餌をついばんで生き延びてきたようです。
現在ではカラスなどの天敵が増え、都市化が進んで埼玉県内に牧場が少なくなったこともあり、茨城県や群馬県の牧場に移って何とか生き延びています。

生息数が激減してしまったシラコバトは、環境省レッドリスト(絶滅のおそれのある野生生物の種のリスト)で絶滅危惧(EN)に指定されています。

そんなストーリーのシラコバト、4年程前に当時上野動物園の小宮園長が梅山豚の視察のため来牧された時にシラコバトが塚原牧場内にいることが発見されました。
当時はそんな貴重な鳩とは思っていませんでした。最近になってNPO法人の方が確認に来られて、塚原牧場にシラコバトが4羽顔を出していることが確認され、その保護に向けて相談を始めました。

稀少種の梅山豚と絶滅危惧種のシラコバト、何ともレアな取り合わせですが、親近感もわき、何とか生き残ってもらえたらと思い空を見上げる機会が増えています。

シラコバト_b0166530_952842.jpg撮影 小峯昇様
by meishanton | 2013-03-01 10:00 | 社長のコラム
1