人気ブログランキング |
39.ウイズコロナの時代

それはあっという間の出来事でした。

中国武漢に始まったウイルス感染は瞬く間にヨーロッパ、アジア、アメリカ他全世界に拡散し、グローバル社会の危険な側面を露呈させました。

いま生きている人類が経験した事の無いパンデミックは、スペイン風邪以来実に100年ぶりの事であり、既に世界で13000万人以上が感染し、300万人以上が犠牲になっています。

 日本では20204月から5月にかけて第一回緊急事態宣言が発出され、その後第3波の影響で20211月から3月にかけて第二回緊急事態宣言が出されました。

社会経済活動を止める鎖国さながらの状況となり、これまでと一変した生活に人々は戸惑いを隠せないでいます。

ワクチンが接種され集団免疫を獲得するまではこの状況が続くと予想されます。

 私達も販売先のレストランの休業により大きな影響を受けています。

そもそも梅山豚は売り先を求め続けた歴史でもあり、まだ売れていなかった時代には市場に出荷していました。

梅山豚は育てるのが難しく肉量の少ないコストのかかる豚がですが、市場は三元豚の規格で格付されるため「上物」になる事は無く、「規格外」として大幅な安値で取引されていました。

そこで自ら販路を開拓してきました。

梅山豚倶楽部の皆様を皮切りに、百貨店やレストランなどへ販路を拡げてきました。

特に近年はレストランへの販売に注力して来たわけですが、コロナにより梅山豚は多くの売り先を失うことになりました。

 止む無く再び市場に出荷する事にしましたがやはり「規格外」と格付されて、また以前のような状況になってしまうのかと不安がよぎります。

しかし悲観してばかりはいられません。

これまでしてきたように愚直に生産に励み、一人一人、一軒一軒直接ファンを探して届けて行きます。

コロナの時代はそうした私達の原点を見つめなおす機会になっています。

ファンが無ければ成り立たない、ファンと共に歩むのが梅山豚なのです。

 おりしも豚では「豚熱」というウイルスが野生のイノシシに感染し、次々と感染地域を広げています。

野生のイノシシからの感染を防ぐための試行錯誤の日々が続いています。

人間も豚も、ウイルスといかに共生して行くのかが問われる難しい時代に入ったと言えます。

39.ウイズコロナの時代_b0166530_15460351.jpg


# by meishanton | 2021-05-06 15:47
38.ゲストシェフを招いて

いつかは梅山豚のレストランを開きたいという想いを永年抱いて来ました。

直営のつかはら肉店はメンチカツのテイクアウト店として開店しましたが、イベント的にレストランを営業してみたいという考えもあり、実は飲食業許可も取得していました。

 開店1年を経たところで、いよいよいくつかイベントを行うことにしました。

まず最初のクラフトビールの会は地元のさかい河岸ブルワリーさんを招いて行いました。

道の駅さかいにできたビール工房では、IPAやペールエールなどの他に地元さしま茶を使ったさしま茶エールも人気で、飲み比べをしながら楽しみました。

さらに日本酒の会では地元の酒蔵、萩原酒造の若き杜氏萩原専務を招いて行いました。

彼が醸した様々な日本酒の語りを聞きながらいただく梅山豚料理はいっそう美味しいものでした。

その他焼酎の会、ウイスキーの会、ワインの会とお酒を決めてそれに合う梅山豚料理を創作しゲストに楽しんでいただきました。

酒と梅山豚の共演は口コミであっという間に席が埋まり毎回大盛況となりました。

 そんな中、取引先のある東京の若手シェフが独立するため店を閉店すると聞きました。

「今しかない!」ゲストシェフとしてつかはら肉店に招いて応援したいという思いで申し出ると、シェフは快くゲストシェフを引き受けてくれました。

 シェフの名は横田悠一、パリの星付きレストランPAGESでスーシェフを務め、日本に戻ってからは梅山豚を気に入って料理に使ってくれていました。

ディナーとランチをそれぞれ8席準備しましたが、東京に行かないと食べられないようなフランス料理を地元で食べられるとあって案の定予約はあっという間に埋まりました。

パリを感じる特別な一皿一皿に、自然と皆さんの笑顔が弾けました。

 そしてメイン料理はもちろん梅山豚、炭火で時間をかけて丁寧に火入れされたローストは、肉汁が溢れ出しとろけるような脂身で、横田シェフも自画自賛する出来栄えだったようです。

 やりたかった事の一つがまた叶いました。

常設ではないけれどゲストシェフを招いてレストランができました。

プロが作る渾身の梅山豚料理を是非地元の方々にも味わっていただきたい。

いつかはレストランをという夢が広がる肉店のイベントはこれからも継続して行こうと考えていた矢先、思いがけない嵐に飲み込まれていくのです。




38.ゲストシェフを招いて   _b0166530_16452220.jpg



# by meishanton | 2021-04-01 16:45
37. 初めての外国人技能実習生

 日本の農業は外国人抜きには語れない、と言われています。

朝採れ野菜も、果物も、牛乳も、そして豚肉ももちろん多くの日本農業の現場は外国人技能実習生に支えられています。

 塚原ファームでも以前から外国人技能実習生について検討してきました。

しかし、言葉が通じないことから様々な仕事がすぐ覚えられるのか?仕事が嫌になって脱走したりして企業責任を問われないのか?当たり外れがあると言われるが、働かない実習生だったら3年間も我慢できるのか?等々躊躇する理由は数多くありました。

 しかし、社長が2度目の入院をした頃から、新たに採用する日本人社員は定着せず、ベテラン社員まで次々に退職する事になり、遂に農場は社長とパートタイム社員の2名となりました。

 ここまで来たら外国人技能実習生を迎え入れてみようと考えました。

どこの国からの実習生にしようか?男性と女性はどちらがいいのか?社内で検討を進め、結論としてはタイ人の女性を仲介会社に申込ました。

それから4か月後の201911月末、運良くトントン拍子で実習生のカンジャナ(通称ワンちゃん)が入社してきました。

スラっとした2児の母でもある彼女は31歳、少しシャイな性格でしたが真面目で勤勉でした。

 知り合いのいない日本に一人ぼっちで移り住み、初めての養豚という仕事に就いたワンちゃんは良く働きます。

一日も休まず、遅刻も早退もせず、寒い日も暑い日も文句ひとつ言うことなく頑張ります。

6か月が過ぎ、1年が過ぎ、どんどん日本語も覚え話せるようになって来ました。

 すると、彼女の梅山豚への気配りと気付き、毎日毎日の変わらぬ落ち着いた働きぶりに感心するようになりました。

どうしてもっと早く申し込まなかったのかと思うほどです。

今は主に母豚の世話をしていますが、女性として母としての気配りがとてもよく、今では欠かせない戦力になっています。

 当初不安に思っていた日本語が話せるか話せないかは結局大きな問題ではありませんでした。

優秀な人材を広く採用する事が大切だと改めて実感した今、新たにもう1名を迎え入れる決心をするのです。


# by meishanton | 2021-03-08 18:41
36.ウイルスとの闘い

20189月それは突然の出来事でした。

1992年以来26年ぶりに日本で豚熱(旧名:豚コレラ)が発生したのです。

岐阜県の養豚家にウイルスはどうやって侵入したのか?発生直後から殺処分と疫学的調査が始まりました。

しかしその後も瞬く間に感染は増え続け、岐阜県、愛知県、大阪府、長野県、三重県、福井県、埼玉県、山梨県、沖縄県の18県にまで拡大し、1年余りの間に97農場4屠畜場で16万頭余りの豚が殺処分となり、その後も感染拡大は止まりそうにありませんでした。

2019年の9月には遂に隣接する埼玉県で発生しました。

梅山豚は茨城県の西部、つまり最も埼玉県に近い地域であり、私達の緊張感は最高潮に達しました。

豚熱は指定伝染病のため、発生するとその農場の豚は全て殺処分となります。

一般の養豚家のように種豚を購入してそれを交配させて子豚を肥育して出荷する場合は、仮に殺処分されても再開の可能性はあります。

しかし私達は梅山豚を殺処分されたら、新たに購入できないので梅山豚の農場としては継続することができなくなるという危機的状況でした。

 豚熱を防ぐにはワクチンが一番ですが、国は豚肉の輸出入を理由にワクチン接種に消極的でした。

ワクチンを接種した国の豚肉は輸出を認められなくなるためです。

結果的に被害を拡大させてしまいました。

 しかし20201月、国は遂にワクチン接種を承認しました。

埼玉県の近隣の群馬県と茨城県は日本有数の養豚の盛んな県で、首都圏の台所を支えているからです。

私達も2月にワクチンを接種し、イノシシ等の侵入を防ぐ防御塀を作りました。

これで豚熱への備えは整ったわけです。

 しかしながら、世界では新型の豚熱(アフリカ豚熱)が猛威をふるっています。

未だワクチンが開発されていない新型の豚熱はアフリカで発生し、ヨーロッパからアジアへ広がりました。

中国では全飼育頭数の40%に相当する1億頭以上が死亡ないし殺処分されたようです。

ウイルスとの闘いはまだまだ続きます。

安全に梅山豚を飼育し続ける事の難しさを噛みしめながらも、命に向き合い続けると覚悟するのです。


36.ウイルスとの闘い_b0166530_16563405.jpg



# by meishanton | 2021-02-17 17:35
新年明けましておめでとうございます

皆様にはお元気に新春をお迎えいただけていますでしょうか。

2020年は誰にとっても新型コロナウイルスに翻弄された忘れられない1年になったことでしょう。

緊急事態宣言が出された4月から5月、日本中を重苦しい緊張感が覆いました。

多くの飲食店や旅館・ホテルなどの観光産業は苦境に立たされ辛い思いをしました。

その後、経済を好転させようとした施策により人々の行動が激しくなるにつれ感染の再拡大に直面しています。

ウイルスとの闘いはおよそ初めての経験になる人ばかり、世界中がパンデミックの中を試行錯誤しています。

ウイルスとの闘いは実は畜産業界では既に以前から起きています。

一昨年以来豚熱というウイルスにより廃業を余儀なくされた養豚家が多くいます。

鳥インフルエンザも猛威を振るっています。人類のグローバル化によりウイルスの広まりは早くなり被害も大きくなり、ここに来て立ち止まってグローバル化を見直す動きも出るほどウイルスとの闘いは厄介なものになっています。

梅山豚にももちろん影響があります。

お取引先の飲食店では、閉店した店もあります。

休業している店もあります。

そして三密を避けるためにほとんどの店がご注文は少なめになっています。

そんな中ですが、皆様に支えられ何とか新年を迎えられます。

本当に感謝しかありません。

そもそも梅山豚は販売先が市場しかないところから始まりました。

しかし体型の悪い梅山豚は「上物」になる事は無く、「規格外」という格付になり安値で取引されていました。

未熟児のため育てるのが難しく成長も遅い梅山豚は、皆様に支えていただき継続する事ができたのです。

そして今、飲食店の苦しさと共に再び以前のように販売先に困る状況になっています。

しかし、うつむいてばかりはいられません。

当時売れない苦境を脱したように、再び挑戦する時だと感じています。

私達はこれからも愚直に梅山豚を中心として国産飼料の生産や、地元貢献などに活動領域を広げ、未来の農業を担う人材を積極的に採用し、さらに美味しい梅山豚をお届けできるようスタッフ一同努力していきます。

梅山豚を通じて『食』と『農』と『環境』という分野の新しい時代に挑戦し続けていく私たちを2021年もどうぞよろしくお願いします。

2021年 1月

株式会社 塚原牧場

代表取締役 塚原 昇


# by meishanton | 2021-01-04 11:54 | 社長のコラム

梅山豚の最新情報をお届けします。
by meishanton
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
1