「ほっ」と。キャンペーン
「FOOD ACTION NIPPONアワード2009 プロダクト部門 優秀賞」を受賞
おかげさまで塚原牧場の『梅山豚』が、食料の自給率向上に寄与するものとして「FOOD ACTION NIPPON アワード2009/プロダクト部門 優秀賞」を受賞しました。
b0166530_1264475.jpg
FOOD ACTION NIPPONとは、
日本の食を次の世代に残し、創るために、日本の食料自給率の向上を目指し農林水産省が立ち上げた国民運動です。
より多くの国産農産物を食べることによって食料自給率の向上を図り、食の安全と豊かさを確かなものとして子供たちの世代へ引き継いでいくことを目指します。
日本国内の食料供給の安全を確保することができれば、それは世界の食料生産拡大へ貢献することにも繋がります。日本産の食物を食料自給率の低い国へ供給する等、食料の循環を積極的に行うことで、世界の食料問題解決への貢献をも目指します。

その栄えある第1回のアワード2009で、『梅山豚』はプロダクト部門優秀賞に選ばれました。

これは、私共の「麦茶の絞りかす」や「甘藷の皮」における未利用食品を飼料化する取組み(=エコフィード)や、休耕田を活用した「飼料米」への取組み及び遊休林間地への放牧が、『梅山豚』を通して日本の食料自給率向上に寄与するものとして認められた事と大変嬉しく思います。

今後もこの賞に恥じぬよう、『梅山豚』を通じて食料自給率向上のモデルとして努力を惜しまず取組んでいきます。
[PR]
by meishanton | 2010-01-22 12:11 | トピックス
1