天候不順と野菜不足
先月に引き続き異常気象の影響が続いています。
多くの地域で9月の日照時間は過去最低を記録し、北海道や岩手県での台風による被害は完全復旧に何年もかかるような状況です。
その結果、農作物へのダメージが多く、年内の野菜の出荷は減少し、価格も大きく値上がりしています。
例えばキャベツやレタスが1玉300円など、これまで見た事もない価格で店頭に並んでいるようです。

野菜値上がりの影響は家庭だけではありません。
学校給食でも様々な問題が起きています。
三重県鈴鹿市では、予算内での給食が難しい事から12月と来年1月の各1日分の給食を中止すると発表し波紋が広がりました。
その後、鈴鹿市の末松市長が給食中止の方針を撤回し、教育委員会に再検討を指示しました。
予算内でどう食材を確保するのか、家庭ばかりではなく幅広く影響が及んでいます。

そんな中、安定して定価で野菜を供給し続け、野菜不足をカバーしてくれているのが野菜工場で作られる野菜たちです。
「もやし」が最も有名なものですが、最近は野菜工場が増えている事から、「スプラウト」「トマト」「レタス」「キュウリ」「パプリカ」から、「イチゴ」などの果物まで幅広く作られるようになっています。

これまで人工的な工場野菜って安全なの?美味しいの?栄養成分は同様なの?という心配が多かった印象ですが、こうなると、野菜があって助かったという事になりそうです。
露地野菜や工場野菜を上手に組み合わせながら気候変動を乗り越えて行く、そんな時代になってきたようです。
[PR]
# by meishanton | 2016-12-02 19:28 | 社長のコラム | Trackback
トウモロコシを収穫しました
以前もお伝えしたトウモロコシの栽培。
度重なる台風にも負けず、無事に6400㎏のトウモロコシを収穫する事が出来ました。

通常スーパーなどで売られているトウモロコシはスイートコーンという品種で旬のみずみずしいものを農家さんが朝いちばんで収穫し、少しでも早く店頭に並べる努力をして私たちの食卓に並びます。

また爆裂種といわれる種類のトウモロコシは加熱すると破裂し、おなじみの白いポップコーンとなります。

一方、梅山豚の飼料となるトウモロコシはグリッツといわれる種類で加工用に適しています。
粒が硬いので飼料にしたり、粉にしてコーンスターチや、お菓子の原料になります。

今年収穫したトウモロコシは更に乾燥させて一年間美味しく食べる事が出来るように保存し、少しずつ飼料に混ぜて使います。

心待ちにしていた自家栽培のトウモロコシの飼料化ですが、梅山豚達は毎日およそ1トンの餌を食べる為、目標は100トンのトウモロコシを収穫することです。
また来年もチャレンジして更なる収穫量アップを目指します!!

b0166530_9215139.jpg

[PR]
# by meishanton | 2016-11-15 09:23 | トピックス | Trackback
気候変動と農業
今年ほど台風の影響を受けた年は過去に無いくらいの数が日本列島を襲いました。
加えて秋雨前線の停滞が長引き、9月の日照時間は過去最低を記録した地方が多くありました。
一度に降る雨の量も多く、北海道や岩手県では土砂災害など甚大な被害となりました。
異常気象と言ってしまえばそれまでですが、こういった気象が続くと農作物の生育にはダメージが多く、日照不足による生育不良のみならず病害虫の発生により、年内の野菜の出荷は大きく減少することが確実な模様で、価格も値上がりしています。

異常気象が続発しているという事は、気候変動が起きているという事が想像できます。
しかし、学者の中には地球の長い歴史の中では大きな変動ではないという方も多くいますが、今日明日の出荷で生計を立てている農家からすれば、地球の長い歴史というより最近の気候変動の方が切実な悩みです。

山形のさくらんぼ農家が北海道に進出したり、北海道の米の食味が向上したり、南国のマンゴーを千葉で栽培したりと、したたかな農家がもう既に動き出しているように、この気候変動に合わせた戦略がより大切な時代になっています。
私達祖先も異常気象により過去幾度となく大きな被害を受けました。
その都度知恵を絞ってそれを乗り越えています。現代では気象予報の精度も飛躍的に向上し、インターネットの普及や、栽培技術や種も大きく進化しました。
私達はそうした新しい武器を有効に利用し、この困難な時代を乗り越えて行くしかないのです。
[PR]
# by meishanton | 2016-11-02 10:00 | 社長のコラム | Trackback
人工授精のレベルアップ
 塚原牧場では今年から、人工授精のための精液の自家採取に取り組んでいます。
長らく梅山豚の交配は本交という豚同士に任せる方法で行ってきましたが、現在はすべて人工授精で行っています。

本交の場合、梅山豚は小柄で足腰が強くない雌が多く、雄の重さに耐えられず座ってしまうことがありました。
交配の途中で雌が座ってしまうと受胎しにくくなるだけでなく、雄は力もあり凶暴なため作業には危険が伴いました。
そこで2013年、まずは購入した精液を使用しての人工授精を開始しました。
スタッフ全員がはじめての経験でしたが、根気よく取り組み技術を習得していきました。
しかし購入した精液は、採取してから届くまでに約2日かかり、その間に精子はダメージを受けています。
この2日間が繁殖成績に大きく影響しました。

自家採取には設備や道具、そして経験が必要になりますが、さらなる成績アップを求めて、ついに今年精液の自家採取が始まりました。

自家採取の技術と定期的に行っているDNA鑑定を元に、日本に約100頭しかいない梅山豚の種を少しでも長く保てるように、スタッフ一丸となり必死に取り組んでいます。
[PR]
# by meishanton | 2016-10-18 13:46 | トピックス | Trackback
マグロが食べられなくなる日
先ごろ福岡市で太平洋クロマグロ漁の国際会議が開かれました。
ご存知の方も多いですが、世界のクロマグロ消費のうち、日本は実にその8割を占めています。

2014年国際自然保護連合が絶滅危惧に指定したクロマグロですが、日本はその資源の維持に実効性のある漁業規制を打ち出せないままここまで来ています。

この国際会議で日本は、遅ればせながら自らのクロマグロ漁獲規制案を提案しました。
それは「生後1年未満のクロマグロの漁獲量が3年続けて低水準だった場合、・・・」という内容ではじまり、内容もクロマグロ資源の減少という危機感を反映したものではなく、参加国の理解は得られないようです。

そもそも、クロマグロは海の食物連鎖の最上位に位置します。
クロマグロの肉を1kg増加させるために、なんと15kgもの魚が餌となっているようです。
ちなみに、穀物が餌の肉では、牛肉1kg増加させるのに7kgの餌を、豚肉1kg増加させるのに3kgの餌を、鶏肉1kg増加させるのに2kgの餌を必要とします。
これを見てもいかにクロマグロが餌をたくさん必要かが解ります。

直接的に間接的にも世界の漁獲資源を食べつくす勢いの日本は、海に囲まれ、昔から魚介類を好んで食べて来た歴史があります。
だからこそ、増え続ける世界人口の食料として注目される漁獲資源にも、率先して規制を作っていく必要があります。
持続的に美味しいクロマグロを食べ続けられるようにすることは、日本の役割でもあります。
[PR]
# by meishanton | 2016-10-03 18:10 | 社長のコラム | Trackback
1